Sansan Builders Blog

Sansanのものづくりを支えるメンバーの技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

Sansan Androidチームの技術研鑽の取り組み

SansanでAndroidアプリのアーキテクト・マネジメントをしている山口です。

今回は最近SansanのAndroidチームで行っている技術研鑽の取り組みについて書こうと思います。

技術研鑽は業務外でやるべきか?

よくソフトウェアエンジニア界隈では議論になる話題かなと思います。

業務外で個人アプリを作ったり、OSSにコミットしたり、日々インプット・アウトプットを繰り返すことは素晴らしい取り組みであり、それに頼りたくなる気持ちはわかります。しかし実際にはそれぞれのプライベートや家庭の事情があり、みんな日々キャッチアップしているだろうからという前提に物事を進めるのは現実的ではありません。日々の業務内の開発の中で技術的に伸びていくものはもちろんありますが、新しい技術のキャッチアップやライブラリの深い理解といったものがメンバーによっては中々進まないという課題がありました。

続きを読む

iOSDC Japan 2021 にゴールドスポンサーとして協賛します

f:id:shiori_baba:20210915113458p:plain

こんにちは、技術本部 Engineering Management部 技術ブランディンググループの相場です。
いよいよ今週金曜から iOSDC Japan 2021 が開催となります。iOSDC Japanは9月17日(金)から19日(日)までオンラインで開催される iOS関連技術をコアテーマとした技術者向けカンファレンスです。

Sansan は今年もゴールドスポンサーとして iOSDC に協賛しています。
今年は弊社からはレギュラートークに1名登壇し、2本のパンフレット原稿が採択されました。また今回のために制作したノベルティもあわせてご紹介します。
なお本エントリーは「iOSDCチャレンジ」も兼ねています。
※ iOSDCトークンは半角 # からはじまるスペースを含まない文字列です。

続きを読む

「事業を成長させるQA体制のつくり方」について発表しました

技術本部 Quality Assuranceグループの横田です。前回記事を書かせてもらってから、3回くらい組織名の変更があった気がしますが、きっと気のせいです。

先日(と言ってもずいぶん時間が経ってしまいましたが)、株式会社SHIFT様主催のウェビナーに登壇させていただく機会がありました。
info.shiftinc.jp
今回はそこでお話ししたことをちょっと書ければと思います。

続きを読む

Sansanのエンジニアリング情報サイト「Sansan Engineering」をローンチしました!

f:id:shiori_baba:20210908144645p:plain

Sansan Builders Box 編集部からのお知らせです。

この度、Sansanのエンジニアリング情報サイト「Sansan Engineering」を開設しました。
これまで、情報が点在していたため、Sansanのエンジニアリングに興味を持ってくださった方に私たちのことが網羅的に伝わることを目的にサイトを立ち上げました。

ここからは、サイトの内容と込められた想いについて少し詳しく紹介します。

jp.corp-sansan.com

続きを読む

【Dive into the Economics of Networks】vol.5 Exponential Random Graph Model (ERGM) を R で推定・シミュレーションしてみる

f:id:komatsuna4747:20210127160740j:plain

Sansan DSOC R&D 研究員の小松です。前回の記事では、ネットワーク形成ゲームが Exponential Random Graph Model (ERGM) に収束する証明を確認しました。 buildersbox.corp-sansan.com

ERGM を推定することで、効用関数のパラメーター (例えば、共通の友人の存在がある人同士のつながりやすさにどの程度影響を与えるか) を推定したり、推定したモデルからネットワークをシミュレーションしたりできます。ところが ERGM は色々と気難しい性質があり、多くの研究者がその性質の解明や改善案を提案しています。

これまでは数式を用いた議論が多かったので、ERGM の詳細は脇に置いておき、実際にコードを用いて ERGM で遊ぶところから始めましょう。

続きを読む

【Techの道も一歩から】第41回「SageMakerでStep Functionsを使った学習パイプラインを構築するために概念を理解する」

f:id:kanjirz50:20190104142720j:plain

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。

最近は、MLOpsへの興味が大きく、ツールの実利用や勉強会での発表を行っています。

機械学習プロジェクトにおいて、久々の実行や引き継いだコードの実行の際に、順序や実行環境を思い出したり準備したりしながら確認するのはすごく大変です。 コンテナ化された上でパイプラインがあると、実行順序も実行環境も覚えたり記録したりする必要がなくなります。

コンテナとパイプラインを組み合わせて利用するAmazon SageMakerを利用し、学習パイプラインを構築してみました。 その概要とAmazon SageMakerを利用したパイプラインを構築する上で押さえておくべきだと思う概念を簡単に紹介します。

続きを読む

書評:『施策デザインのための機械学習入門』

こんにちは. DSOC 研究開発部の黒木裕鷹です. なんと,思いつきで始めたランニングが続いており,最初の1ヶ月は65kmほど走っていたようです! やはり,ばっちり形から入りかっこいいシューズとウェアを用意したのが効いたようです. フルマラソン目指して頑張りたいと思います🏃

さて,先日株式会社ホクソエムの高柳さんより,監修された本をご恵贈いただきました! ありがとうございます!!! いつもはネットワークの分析手法にまつわる連載をしていましたが,せっかくですので,今回は書籍のレビュー・紹介をしたいと思います.

gihyo.jp

続きを読む

© Sansan, Inc.