Sansan Builders Box

Sansanのものづくりを支える技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

第14回テキストアナリティクス・シンポジウムで発表しました

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。

2019年2月7日と8日の2日間にわたり京都で開催された第14回テキストアナリティクス・シンポジウムに参加しました。

本記事は、参加報告および発表内容の紹介となります。

テキストアナリティクス・シンポジウム

テキストアナリティクス・シンポジウムは、テキストの分析手法や分析のための基礎技術・実応用例などが議論される研究会です。 学術側、企業側から多数参加しており、産学交流の場でもあります。

私自身、本学会への参加は3回目(第11回は聴講)、発表は学生の時以来の2回目となる研究会です。

今回は龍谷大学大宮キャンパス(京都)で開催されており、威厳のある建物でした。

f:id:kanjirz50:20190212104853j:plain

2日間で、一般講演11件、特別講演4件と多数の発表がありました。 1日目の夜には懇親会があり、ざっくばらんに研究者間の交流を楽しんだり、2日目は高専の学生さんとランチに行って高専トークをしたりと、研究報告以外でも非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

それでは、学会で興味深かった発表や自身の発表内容について簡単に紹介したいと思います。

続きを読む

「第一回SIL勉強会 自然言語処理編」を開催しました

こんにちは、DSOC R&Dグループ研究員の奥田です。一番好きな京都のお土産は阿闍梨餅です。

先日「第一回SIL勉強会 自然言語処理編」という勉強会を京都で主催しましたので、その様子をご紹介致します。

SIL勉強会とは

Sansanでは数年前から京都にオフィスを構えており、画像処理の研究員2名がフルリモートで働いております。昨年この京都オフィスを改装したことをきっかけに、京都での技術者を繋げてコミュニティを活性化していきたいという理念のもと、定期的に勉強会を開催していくことになりました。

勉強会のタイトルに付いているSILとは「Sansan Innovation Lab」の略で、京都の町家を改装して作られた弊社Sansanのオフィスのことです。会場としてそのオフィスの一角を使ったのですが、勉強会の会場が畳というのはなかなか珍しいのではないでしょうか?

f:id:yag_ays:20190130184732j:plain

f:id:yag_ays:20190130164807j:plain

ちなみにオフィスの表はこんな感じです。オフィス感がゼロなため、当日参加された皆様はどこに入り口があるのか戸惑っていらっしゃるようでした……🙇‍♂️。

f:id:yag_ays:20190130183603j:plain

f:id:yag_ays:20190130183050j:plain

今回はその第1回目ということで、自然言語処理というトピックで私を含む4名の方に登壇いただきました。

続きを読む

【Techの道も一歩から】第17回「チームで社内データアクセスライブラリを作った話」

f:id:kanjirz50:20190104142720j:plain

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。

光陰矢のごとしとはまさにこのことで、気づけば入社して2年が経とうとしています。 今でこそある程度わかってきましたが、入社当初はどこにどんなデータがあり、どのようにアクセスするのかよくわかっていませんでした。

知らないことを知るということは非常に難しく、「それさぁ。早く言ってよ〜」とどこかで聞いたことのあるようなフレーズをぼやくのは簡単なのです。 しかし、そういった事態を避けるために情報を共有しようとしますが、実際には非常に難しく感じます。 何を伝えるべきか選ぶのが難しかったり、伝えても覚えきれなかったりします。 おそらく自分自身も共有できていない情報がたくさんあります。

こういった問題を軽減しR&D グループでの研究開発活動を加速させるために、データアクセスライブラリを作って便利になった話をします。

続きを読む

技術 Podcast はじめました

高橋洸です。

先日予告した 技術 Podcastを公開しました。

前回の反省を生かし、ハリのある発声を心がけて収録に臨みました。まだまだ滑舌に改善の余地はありますが、今後の成長にご期待ください...!

また、前回よりも話題を絞ってみました。いざ始めてみると色々話したいことがでてきて、とくに 8:15 頃からのタスク管理の話はさくっと終わらせるつもりだったのですが思いのほか盛り上がっています。

soundcloud.com

Show Note

取扱説明書の魅力 - 取説を「楽しむ」ために

こんにちは、ブランドコミュニケーション部・テクニカルライターの五味春香です。
新卒で取扱説明書の制作会社に入り、いろいろなメーカーの取扱説明書を作っていました。
現在はSansan株式会社で、クラウド名刺管理サービス「Sansan」のヘルプページの編集や校正に取り組んでいます。


さて、最近は直感的な操作ですぐに使える家電製品が多くなりましたが、皆さんはその取扱説明書って読んでいますか?
(これ以降、特記がない限り、ハードウエアとソフトウエアの両方を指して「製品」、紙の取扱説明書とウェブやアプリのヘルプページの両方を指して「取説」と呼びます)

私は取説が大好きで、ハードウエア・ソフトウエアに限らずどんな製品でもだいたい取説には目を通してしまいます。
でも読まずに捨ててしまう人や必要ないと感じている人も多いようで、日陰の存在になっているのを残念に思っています。
今日はあまり省みられることのない取説について、その魅力と楽しみ方をご紹介します。

続きを読む

Go × WebAssemblyで電卓のWebアプリを作ってみた

はじめに

こんにちは。プロダクト開発部のWebエンジニアの荒川です。部内では最年少のエンジニアで、普段はSansanスマートフォン向けアプリのサーバサイドエンジニアをやっています。

今回は業務とは関係ない技術の話をします! 普段はC#を書いてますが、今回はGoを使って何かアプリを作りたいと思いました。 また以前からWebAssemblyの技術に興味を持っており、単純に面白そうなので試したいなと!

そこでGoとWebAssemblyを使って、シンプルなWebアプリ(電卓)を開発します。*1

f:id:ad-sho-loko:20190207235943j:plain

ソースコードはこちらからどうぞ。 github.com

*1:電卓にした意味は特にない

続きを読む

▲The Prism of Creativity ▽ vol.2 [心理学編] 開放性というバロメーター

f:id:sansan_nissy:20190107153214j:plain
こんにちは、DSOC研究員の西田です!

最近、COMME des GARCONS の2019SSのバラ柄のカットソー&レギンスがお気に入りで、ヘビロテしています。でも、それがはたから見るとタトゥーに見えるらしく、社内の人からは「タトゥー入れたんですか?」とか「タトゥーに見えますね!」と声をかけられますが、タトゥーは入れたくない派です。


さて、前回のブログの通り、本ブログでは心理学、経済学、社会学・経営学、機械学習の4つの切り口から、クリエイティビティの研究について紹介します。今回は心理学編として、どういったパーソナリティがクリエイティビティの発揮につながるのかについて研究をご紹介したいと思います。

続きを読む

© Sansan, Inc.