Sansan Tech Blog

Sansanのものづくりを支えるメンバーの技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

Order Oneでのドメインイベント実装

技術本部 Strategic Products Engineering Unit Order One Devグループで受注業務のDXから、事業を加速するプロダクトOrder Oneの開発をしている山邊です。

本題に入る前にお知らせです。2/27 (火) に「自由な発想でつながる、失敗談を語るLTパーティー」というイベントを開催します。 ぜひ、お気軽にご参加ください! sansan.connpass.com

Order Oneにドメインイベント・非同期イベントの仕組みを導入したので、仕組みの紹介をしたいと思います。ドメインイベントの導入を検討している方の役に立てば幸いです。

続きを読む

SendGridを活用したメールの送受信機能を開発した話

こんにちは、技術本部 Strategic Products Engineering Unit Order One Devグループの中塚です。

Order Oneの新機能としてメール連携機能をリリースしました。

受注専用アドレスがOrder Oneユーザに対して発行され、そのアドレスに対して注文メールを送信することで、Order One上で直接メール経由の注文書を受信できるようになりました。 また、注文に関するメールでのやり取りもOrder One上でできるようになっています。

この記事では、メール連携機能でどのようにメールの送受信を実現したかを紹介します。

続きを読む

AWS Glueを使ってバッチ処理を60倍高速化した話

初めまして、技術本部Digitization部データ化グループ所属の高田です。 今回はAWS GlueのJobを使ってバッチ処理を60倍高速化した話をします。

この記事は以下の内容を共有しています。

  • AWS Glueの概要とメリット
  • Apache Sparkの概要とメリット
  • Pythonを使ったAWS Glue ETL Jobの書き方(一例)
続きを読む

Apollo GraphQL× Express で Playground ページの URL パスを変更する方法

こんにちは、Sansan Engineering Unit の渡邉です🦐
直近で Apollo GraphQL の Express 向けライブラリを利用して API を開発していたのですが、

 Playground ページに個別の URL パスを設定する方法

が調べても良いページが見つからなく困ったので記事にまとめてみました🙋

続きを読む

Eight iOSアプリにおけるNFCを利用したタッチ入場機能の開発

技術本部Mobile Applicationグループの藤門です。
23卒としてSansan株式会社に入社し、iOS版のEightの開発に従事しています。

今回の記事の目次は以下の通りです。

  • 本記事の概要
  • BIS 2024について
  • タッチ入場受付機能について
  • タッチ入場受付機能でNFCを利用した経緯
  • Background Tag Readingについて
  • タッチ入場受付機能でBackground Tag Readingを採用した理由
  • Background Tag Readingを利用した実装方法
  • Background Tag Readingの使い所
  • おわりに
  • 参考リンク

本記事の概要

本記事では、Eight主催のBusiness IT & SaaS Expo2024(以下BIS 2024)において、Eightのタッチ入場受付機能に焦点を当て、その開発背景や実装方法および利用技術の使い所について紹介します。

続きを読む

バックログへの向き合い方の変遷

こんにちは、Eight事業の開発責任者の大熊です。

Eight事業では、ビジネスパーソン向けの名刺アプリ「Eight」を中心にそのプラットフォーム上でさまざまなサービスを展開しています。最近ではビジネスイベントとITを掛け合わせた新しいイベント体験を創出するという挑戦に取り組んでいます。開発組織が対峙するビジネス状況はBtoC、BtoB、あるいはモバイルアプリ、ビジネスイベントとバラエティ豊かです。

そんなEight事業ですが、事業状況に合わせてバックログへの向き合い方も都度変化してきました。この記事では、過去の取り組みを通じてうまくいったこと、いかなかったこと含めてその変遷をまとめ、今どうしているかをお伝えします。
※「バックログ」はビジネスやプロダクトで実現したいことリスト、「アイテム」は具体的な開発対象とここでは定義しています。

続きを読む

アプリ開発者が Privacy Manifests 対応でやることについて調べてみた

はじめに

こんにちは。技術本部 Mobile Application グループで iOS アプリエンジニアをやっている多鹿です。

さて、 WWDC 2023 にて Privacy Manifests が発表されましたね。そして、2024年春にはこの対応がされていないアプリはリジェクト対象になるというではありませんか。
ある日突然リジェクトされて慌てたくはないので、事前にどのような対応が必要か調べてみました。

続きを読む

© Sansan, Inc.