Sansan Builders Blog

Sansanのものづくりを支えるメンバーの技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

旧システムという名の技術的負債を返済(削除)した話

こんにちは。技術本部 データ戦略部 Newsグループの古本です。

今回は負債と化していた旧システムを、約半年の時間をかけて返済(削除)したことをお話したいと思います。

企業向けプレミアム、あらためEight Teamについて

僭越ながら今年の始めに新システムに移行した話を当ブログに投稿させて頂きました。
buildersbox.corp-sansan.com

今回削除対象となった旧システムは、この時に移行元となったシステムです。

当時は Eight 企業向けプレミアム というサービス名でしたが、去る2021年11月15日に Eight Team へとリニューアルを行いました。

「Eight Team」は、部署・プロジェクトをはじめとするチーム内での人脈共有を推進し、営業活動を後押しするサービスです。
もし興味があればよろしくお願いします。
materials.8card.net

続きを読む

【ネットワークの統計解析】第10回 PageRank とその周辺を探りたい

f:id:kur0cky:20201023211747j:plain

こんにちは. DSOC 研究開発部の黒木裕鷹です. 膝が痛いです.

やってしまいました. なまじ走れるようになってきたのが楽しく,まだ脚ができてないにも関わらず走りすぎてしまいました... 調べてみたところ,膝の外側の靭帯(腸脛靭帯)と前十字靭帯を交互に痛めてしまったようです. ストレッチや筋トレに取り組み衝撃を吸収できる脚作りをすることはもちろんですが,靭帯をより強靭にするために研究を追ったりしているので,機会があればそのうち共有したいと思います.

さて,この連載では,自分の勉強・復習も兼ねて,ネットワークデータにまつわる(統計)解析を気の向くままに紹介しています. 前回の記事では,外部の勉強会で取り上げたグラフ機械学習に関する論文を2本紹介しました. 今回は,少し古典的なネットワークの分析に話題を戻していこうと思い,かの有名な PageRank と,そのあまり知られてない(と個人的に思っている)応用についていくつか紹介したいと思います. しばしお付き合いください

続きを読む

Sansan Builders Stage 2021 イベントの裏側を大公開!

こんにちは。技術ブランディンググループの相場です。
本記事は Sansan Advent Calendar 2021 5日目の記事です。
adventar.org

ここ2ヶ月ほど、毎週のように主催・協賛問わず何かしらのイベントに関わってきましたが、その集大成?として、Sansanのものづくりカンファレンス「Sansan Builders Stage 2021」を11月5日に開催しました。イベントは Sansanの"進化する、ものづくりの裏側"を発表する場でしたが、今回はそのイベントの裏側をお見せしたいと思います。

続きを読む

アクセスに基づいた推薦のために、文書のどのような情報を使うべきか(その1)

3行で

  • アクセスに基づいた推薦のために、文書のどのような情報を使うべきか考えた。
  • ニュースの中の名詞、固有名詞、名詞×ジャンル、固有名詞×ジャンルの4つに分けて推薦を行い、ユーザーが興味を持ちそうなニュースを推薦できているかを定性的に確認した。
  • 結果として、今回のデータ・手法では、下記3点が分かった。
    • 名詞抽出による近傍探索で、ユーザー興味に沿ったニュースが推薦できる
    • 固有名詞について、より上手な抽出方法を次の記事で検討する
    • 推薦にジャンル情報を活用すると、うまく推薦できなかった場合でもユーザー興味を大幅には外さない推薦となりうる
続きを読む

Sansan Builders Stage 2021 セッションレポート第4弾 〜R&D組織のマネジメント& IaC編〜

こんにちは。研究開発部でエンジニアをしている新卒入社1年目の西原です。

11/5 (金) に弊社主催で開催した「Sansan Builders Stage 2021」のセッションの中から研究開発部のメンバーが発表した次の2件をご紹介します。

  • 研究開発組織のマネジメント
  • R&DにおけるTerraformとAnsibleを活用したInfrastructure as Codeへの取り組み
続きを読む

【Techの道も一歩から】第44回「Prefectでパイプラインを構築してみる」

f:id:kanjirz50:20190104142720j:plain

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。

本記事は Sansan Advent Calendar 2021 - Adventar の初日の記事です*1

Pythonによるパイプラインツールについて、Prefectというフレームワークが良さそうという話を小耳に挟みました。

第42回の記事と同様にMNISTを題材にパイプラインを作ってみます。

buildersbox.corp-sansan.com

*1:他の年のアドベントカレンダーはこちらです。2020, 2019, 2018, 2017

続きを読む

「VSTePによるテスト観点のモデリング」について発表しました

技術本部 Quality Assuranceグループの藤原です。前回はテスト自動化について書かせてもらいましたが、先日DeNA様主催のQA Online #1に登壇させていただく機会がありましたので、そこでお話したことや緊張して伝えきれなかったことなどを書ければと思います。
testonline.connpass.com

続きを読む

© Sansan, Inc.