Sansan Tech Blog

Sansanのものづくりを支えるメンバーの技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

エンジニア運用工数40%削減!Bill One における運用改善のとりくみ

Bill One Engineering Unitの田上です。運用改善と題したプロジェクトによって、エンジニアの運用工数を半年で40%削減することに成功したので、今回はその取り組みをご紹介します。

ComposableのonClickはラムダ式?Listener?

こんにちは!Sansan技術本部Mobile Applicationグループのふるしんです。以前の記事で「アーキテクチャ検討会」を実施しているお話を書きました。 buildersbox.corp-sansan.comこの検討会の中ではどのような議論がなされているのかを聞かれる機会があり、せ…

失敗からの学び:Node.JSのStreamにおけるアウトオブメモリとRxJS, IxJS

はじめに データ戦略部門の松本です。 1年の各月の季節を漢字で表すと「冬冬春春夏夏夏夏夏夏秋冬」と感じるくらい最近暑いですね。5月なのに真夏日も出ており、秋が好きな私としてはとても残念な気持ちを持っています。今年も暑くなりそうなので、体調に気…

【Sansan Tech Talk】 Sansan Data Hubの技術的挑戦 〜データ連携パイプラインを支えるエンジニアリング〜

こんにちは、Sansan Engineering Unitの部長を務める、笹川 裕人です。今回で3回目となる「Sansan Tech Talk」はSansanのテックリードたちが直面している技術的な課題や取り組みについて深掘りする連載企画です。今回は営業DXサービス「Sansan」の「データ連…

Apexで他のユーザの項目レベルセキュリティを見るには

はじめに お久しぶりです。技術本部 Sansan Engineering Unit Data Hubグループの菊池です。 皆さんSalesforce開発を楽しんでいますか? 私はSalesforce開発に携わり9年経ちますが、まだまだ知らないことが多く日々勉強であると痛感しています。 その中で今…

Vol.03 Kover CLIでKotlinのTest Coverage Reportをあとからマージする

こんにちは。2024年4月に新卒として入社しました、技術本部Strategic Products Engineering Unit Contract One Devグループの髙野です。 2023年3月に内定者インターンを開始して以来、契約データベース「Contract One」を開発しています。 本記事では、自動…

2024年度人工知能学会に参加しました

こんにちは!研究開発部の山内敏嗣です!浜松で行われた2024年度 人工知能学会全国大会 (第38回)において、企業ブースの出展、ポスター発表を行いました。 本ブログでは、その様子について紹介します。

EightのエンジニアでRubyKaigi 2024に参加してきました!

はいさい!名刺アプリ「Eight」でエンジニアをしている鳥山(@pvcresin)です。 沖縄で行われたRubyKaigi 2024に、Eightのエンジニアメンバーで参加してきました! Eightロゴのポーズをする参加メンバー 今回は、それぞれの視点からRubyKaigiの感想や印象に…

ベイジアン操作変数法でA/Bテストをしよう

こんにちは。4月に24新卒として入社しました、技術本部 研究開発部の金髙です。大学院では政治学の研究をしていました。 本記事では、筆者が2024年2月から約1カ月間の内定者インターン時代に取り組んだ内容の一部である「ベイジアン操作変数法を用いたA/Bテ…

Vol.02 ポストモーテムをやってみた

はじめまして、技術本部 Strategic Products Engineering Unit(以下、SPEU)の中垣です。 SPEUでは、Sansanがこれまで培ってきた技術を活用しながら、新規プロダクトの開発を通して、働き方をアップデートできるさまざまな可能性を日々模索しています。 新…

AndroidでML Kit Document Scanner APIを触ってみた

APIの利用方法 gradleへの定義 ドキュメントスキャナーの準備 スキャンする 編集機能 まとめ こんにちは!Sansan 技術本部 Mobile Applicationグループのふるしんです。ML KitにてドキュメントスキャナのAPIが公開されました ML Kit | Google for Developers…

Eight Android アプリで Kotlin 2.0 を試してみた

技術本部 Mobile Applicationグループ所属の大塚です。名刺アプリ「Eight」のAndroidアプリの開発と、営業DXサービス「Sansan」とEightの両プロダクトをまたぐプロダクト横断チームの一員として、モバイル領域の中長期的な技術的課題の解決や、PoCの開発を担…

Kotlin Coroutinesを使ったマルチスレッド環境で発生する問題の回避方法

技術本部 Mobile Applicationグループに所属する北村です。SansanとEightの両プロダクトをまたぐプロダクト横断チームの一員として、モバイル領域の中長期的な技術課題の解決や、PoCの開発を担当しています。今回は昨年9月にリリースした、Eightのタッチ名刺…

A/Bテストを推進しようとしている話

技術本部 研究開発部の小松です。社内/社外向けのアプリケーション開発や、社内のデータ活用促進、学術研究に取り組んでいます。 本稿では、Sansan社内でデータに基づく意思決定を浸透させるために、A/Bテストの活用を推進しようとしている取り組みについて…

セキュリティーロードマップを再構築した話

こんにちは。Sansan Engineering Unit Data Hubグループの北澤です。2021年に新卒入社し、エンジニアとしてSansan Data Hubの開発に携わっています。 Data Hubグループ内セキュリティーチームのリーダーとして、ロードマップ運用の改善について取り組んだの…

【Sansan Tech Talk】新規事業開発におけるInfrastructureグループの技術的挑戦 〜安定運用とスピードの両立を目指して〜

こんにちは、Sansan Engineering Unitの副部長、笹川 裕人です。今回の「Sansan Tech Talk」では、Strategic Products Engineering Unit(以下、SPEU)という新規事業開発を行っている部門のInfrastructureグループマネジャーを務める水谷 高朗にインタビュ…

Vol.01 Contract Oneのフロントエンド開発環境と改善のこれから

技術本部 Strategic Products Engineering Unit Contract One Devグループの井上です。Sansanに入社してから早いもので二年が経ちました。振り返ってみると、さまざまな経験を積むことができました。入社当時と比較して、バックエンドとフロントエンド、どち…

Vol.00 Strategic Products Engineering Unitブログリレーを開催します!!

技術本部 Strategic Products Engineering Unit Contract One Devグループの井上です。 Strategic Products Engineering Unit(以下SPEU)は、契約データベース「Contract One」や「名刺メーカー」など、Sansanの新規事業の開発をしている組織です。 この度…

【後編】24新卒開発研修で新しいツールを導入した話 〜pre-commit の導入方法と使い方など〜

こんにちは、研究開発部 Automationグループで研究員をしている李です。 本ブログでは、前編 に続き、新卒開発研修*1 *2に導入したpre-commitの使い方などを共有します。 *1:2023年 研究開発部 新卒技術研修 ~ 実践編 ~ - Sansan Tech Blog *2:2023年 研究開…

【前編】24新卒開発研修で新しいツールを導入した話 〜Ruffの導入方法と使い方など〜

こんにちは、研究開発部 Automationグループで研究員をしている李です。業務として、Bill Oneの請求書情報に関する作業効率改善に従事しています。 例年通り *1 *2 4月24日(水)~4月26日(金)で研究開発部(以下、R&D)内の技術研修を実施しました。開発…

マイクロサービスアーキテクチャのリポジトリ構成を漸進的にモノレポに移行した話

Sansan Engineering UnitでSansan Data Hubの開発をしている藤原です。 前回はニッチに深く潜り過ぎたので、今回は(使い古されたネタではありますが)モノレポ化についてお話ししたいと思います。

【イベントレポート】イマドキのC# .NET Web開発 〜gRPC, GraphQL, Blazorもあるよ〜 を開催しました

はじめに こんにちは、技術本部 Sansan Engineering Unit Data Hubグループの髙芝です。 2024年5月15日にData Hubグループ単独として初のイベントを開催しました。 sansan.connpass.com 弊社のデータ連携ソリューションであるSansan Data Hubを題材として、G…

セキュリティ重視のCloudSQLアクセス方法

Strategic Products Engineering Unit(SPEU)チーム所属で名刺メーカーのインフラを担当している川村です。営業DXサービス「Sansan」では、既存の社内インフラサービスを活用して名刺作成業務を効率化する名刺メーカーという機能があります。 sansan-meishi…

JiraAPI×GAS×LookerStudioで生産性指標測定ダッシュボード作成

はじめまして、技術本部 Sansan Engineering Unit Master Data Groupの佐藤です。普段は人事異動情報、企業ニュース、役員管理職情報の収集や提供をするシステムの開発を行っています。現在技術本部では、単月の生産量を2倍にするという目標を掲げ、生産量向…

【Turning Encounters into Innovation in Cebu】 Vol. 2: Development insights

Welcome back to Sansan Global Development Center blog! I'm Vani from the Engineering Team, and I'm excited to share our team's journey and development process with you. In this blog post, we'll dive into the evolution of our engineering te…

Automating everything with macOS and Ollama

Hi, I'm Juan Martínez, Researcher at Sansan's R&D Department.During the last year our team has been building a growing number of applications that leverage the power of Large Language Models (LLMs) to activate the business data of Sansan u…

【Sansan Tech Talk】インボイス管理サービス「Bill One」の技術的挑戦 〜グローバル展開と開発の複雑性〜

こんにちは、Sansan Engineering Unitで副部長を務めている笹川 裕人です。Sansan技術本部のテックリードたちが取り組んでいる技術的な取り組みやチャレンジを対談形式で深掘りする「Sansan Tech Talk」。今回は第2回として、Bill One Engineering Unitのチ…

Kubernetesクラスタ更新時のマニフェスト差分をGitのブランチで吸収する

研究開発部 Architectグループ ML PlatformチームのKAZYこと新井です。 名古屋にある中部支店に所属しています。 Kubernetesのマニフェスト管理方法とクラスタのバージョン更新時の運用方法を変更したため、共有します。

同期的なコミュニケーションでチーム内の距離を縮める

研究開発部 Architectグループ ML PlatformチームのKAZYこと新井です。 名古屋の中部支店に所属しています。 普段はCircuitというアプリケーション基盤を作っています。 先日、チームメンバーと同じ会議室に集まり、業務とワークショップを行いました。

Node.jsによるReverse Proxy実装をGoでリプレイスした話

Node.jsによるReverse Proxy実装をGoでリプレイスした話 技術本部 Bill One Engineering Unit(以下、Bill One EU)の川原です。23卒としてSansan株式会社に入社し、インボイス管理サービス「Bill One」の開発をしています。今回はNode.jsによるReverse Prox…

© Sansan, Inc.