Sansan Builders Box

Sansanのものづくりを支える技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

R&D

【レポート】IBIS2018で発表してきました

こんにちは、DSOC R&Dグループ研究員の奥田です。イクラ丼とスープカレーで胃もたれを起こしてしまい、加齢を感じる今日この頃です。 2018年11月3日から11月7日にかけて北海道で行われた第21回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS 2018)にてポスター発表を…

【つながりに効く、ネットワーク研究小話】vol.5 社会ネットワークと転職

Sansan DSOC研究員の前嶋です。「つながりに効く、ネットワーク研究小話」の第5回です。社会ネットワークと転職についての研究は数多く、この領域は「キング・オブ・ネットワーク研究」と言っても過言ではありません。というのも、様々な社会現象の中で、転…

【ML Tech RPT. 】第1回 Zero Shot Learning を学ぶ (1)

こんにちは、 Sansan DSOC 研究員の吉村です。今年の春新卒として入社しました。専門は機械学習及びクラウドソーシング周りで、現在は予測モデルの作成やワーカのミスの分析などを行なっています。こちらの連載では、自身の勉強を兼ねて普段の業務やその周辺…

【Techの道も一歩から】第14回「出現頻度と連接頻度に基づく専門用語抽出器を実装してみる」

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。 最近、アルゴリズムを実装して勉強することにハマっています。 ある程度理解しないと実装できないですし、そもそも実装したものが動くということは非常に嬉しいものです。 さて、今回は最近実装した「出現頻…

【つながりに効く、ネットワーク研究小話】vol.4 「類は友を呼ぶ」の科学

Sansan DSOC研究員の 前嶋 です。「つながりに効く、ネットワーク研究小話」の第4回です。 これまで解説してきた通り、ネットワーク理論の特徴は、私たちのつながりの構造的な側面を捉えるという点にあります。しかし、時として「どのような人がどのような人…

【Techの道も一歩から】第13回「文書や単語をどうやって表現するかコサイン類似度で学ぶ」

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。 前回のTF-IDFで、使ってはいたけれど触れなかった文書や単語の表現方法について述べます。 実際に文書をベクトルとして表現し、コサイン類似度を計算することで理解を深めます。 scikit-learnを使わずにでき…

【レポート】勉強会「R&Dにおけるデータエンジニアリング/アーキテクチャー」

こんにちは。DSOC Data Direction Group / R&Dの千葉です。前回の勉強会に続き、2018年9月7日に開催された第二回R&D勉強会の内容についてお伝えします。今回は「R&Dにおけるデータエンジニアリング/アーキテクチャー」と題して、R&D groupを取り巻く環境の…

R&D 社会科学班の論文読み会 vol.4

DSOC R&D Group の真鍋です。 Sansan DSOC で行なっている、主に社会ネットワークに関する論文読み会のレポート第 4 弾です。昼ごはんを食べながらやっています。 メンバーは前嶋と戸田です。 これまでは Sansan mimi blog で連載をしておりました。今回は、…

Web DB Forum 2018 で登壇してきました!

こんにちは! DSOC R&D Groupの吉村 皐亮です。 入社して約半年が経ち、最近では徐々に会社にも馴染んで来て、自分の色が出せるようになってきたかなと思う今日この頃です。さて、今回は今年の9月12日から9月14日にかけて、東京工業大学大岡山キャンパスで開…

【つながりに効く、ネットワーク研究小話】vol.3 出会わせない、が、世界史を変えていた

Sansan DSOC研究員の前嶋です。「つながりに効く、ネットワーク研究小話」の第3回です。前回まではmimiブログで連載していましたが、今回からはSansan Builders Boxに移ります。本連載は直接的に技術を解説するものではないですが、「人と人とのつながりに対…

【Techの道も一歩から】第12回「基礎的な考え方であるTF-IDFを学ぶ」

Techの道も一歩から こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。 前回のブログの終わりに書きましたが、今回からは言語処理のアルゴリズムの紹介を行います。 ただ単にアルゴリズムを紹介するだけではなく、実際に実装し動作させた結果も掲載することで…

© Sansan, Inc.