Sansan Builders Box

Sansanのものづくりを支える技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

R&D

DSOC R&Dにて4名の長期インターン生を受け入れました

こんにちは、DSOC R&Dグループ研究員の奥田です。学会原稿に追われて年末も会社に来て仕事をしていました。Sansanには休日出勤すると別日に休みを振替できる制度があるので、1月後半は少しのんびりしようと思います。 さて、昨年2019年の11月から12月にかけ…

【ML Tech RPT. 】第14回 機械学習のモデルの評価方法 (Evaluation Metrics) を学ぶ (5)

DSOC研究員の吉村です. 年末年始の連休で本をたくさん読むぞと意気込んだにも関わらず, 2.5冊しか読めなかった悔しさに苛まれております. さて, 今回も前回に引き続き評価指標についてまとめていきます. 特に, ランキング学習の出力結果を評価する際に用いら…

【Techの道も一歩から】第24回「高速かつ省メモリな辞書ライクなライブラリDAWG」

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。 Pythonの辞書オブジェクトは取り扱いやすいため、単語とIDの変換テーブルを作ったり、複合語の結合のためにデータ構造を工夫して簡易なトライ木を構築したりと、自分でコーディングすることがあるかと思いま…

Sansan Labs 開発での Terraform ディレクトリ構成

初めまして。あけましておめでとうございます。 DSOC R&D アーキテクトの鈴木賢志です。 Sansan Labs*1 では、新しい働き方の実現を目指し実験的な機能を一部公開しています。私は普段、それらの開発を中心に、R&D から生まれるサービスの品質改善などに取り…

VAEに基づくグラフの表現学習

R&D

こんにちは。年末年始はファイアーエムブレムで可処分時間が消えてしまった DSOC R&D Group の橋本です。 さて、今回の記事では、変分オートエンコーダ (Variational Auto-Encoder, VAE) [1]に基づくグラフの表現学習について紹介したいと思います。 近年グ…

歴史をたどってディープラーニングを学ぶ 第三回 Cifar10と勾配消失問題についての考察

こんにちは、ニューラルネット老人こと糟谷勇児です。 最近は恐竜に凝っていて化石を買ったりしています。ニューラルネット界の化石と化してしまう前に、今回もディープラーニングを勉強していきたいと思います。さて、前回はReLUについて自作のプログラムで…

【つながりに効く、ネットワーク研究小話】vol.12 強いつながりの条件

Sansan DSOC研究員の前嶋です。「つながりに効く、ネットワーク研究小話」の第12回です。静電気が怖いので、オフィスでは放電のために靴を履かずに過ごしているのですが、気を抜くとすぐに”””バチッ”””ときます。とても悲しいです。おすすめの対策法があれば…

本当にあった京都のSansan

DSOC R&Dグループの小林幸司です。 Sansanの京都にある開発拠点 Sansan Innovation Lab(以下SIL) で勤務しています。 SIL執務室。もとは台所の土間を板間に改装しています。 SILイベント用スペース。たまに座椅子に座って作業することも SILができて一年が過…

Economics Meets Data Science: ML and Economics Together at Last

Hello again, Internet! It's December now, the season of presents, Christmas carols, parties, catching colds and eating fried chicken. This time I'm taking a break from the Structural Estimation Series. Instead, I'll discuss a topic that I …

【ML Tech RPT. 】第13回 機械学習のモデルの評価方法 (Evaluation Metrics) を学ぶ (4)

DSOC研究員の吉村です. 最近, 自室の乾燥が気になってきたので, 湿度計を購入しました. 今までは, なんとなく調子が悪いから乾燥しているな, と思う程度だったのですが, 実際の湿度が具体的に数値で見れるようになったことで, 事前に対策を打てるようになり,…

【Techの道も一歩から】第23回「pybind11を使ってPythonで利用可能なC++ライブラリを実装する」

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。 普段はPython言語によりアルゴリズムの実装を行っています。 スクリプト言語はコンパイルが不要であり、試行錯誤しやすいためです。 しかしながら、実行速度はコンパイル言語に比べて見劣りします。 そこで…

IBIS2019にてSansanから2件のポスター発表を行いました

こんにちは、DSOC R&Dグループ研究員の奥田と吉村です。名古屋駅の新幹線ホームのきしめん屋で、15分後に乗らなければいけない新幹線を控え二人できしめんを急いで食べました。 さて、2019年11月20日から24日にかけて名古屋で開催された第22回情報論的学習理…

書籍購入支援制度'Geek Seek Book'を活用して今年購入した本

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。 この記事は Sansan Advent Calendar 2019 - Adventar の初日の記事です。 ゆるい記事にお付き合いいただけると幸いです。 Sansanの社内制度の一つに、書籍・資料の購入支援を行う Geek Seek Book があります…

▲The Prism of Creativity ▽ vol.6 競争とクリエイティビティ[計算社会科学編]

どうも、西田です。 最近ハマっているYouTuberのこばしり。さん風に書き始めてみました。 前回のブログの冒頭にも書いた、某Cから始まるブランドのハーネスを着てとある百貨店の店舗に行くと、入店2秒でハーネスの購入を薦められました。とてもすごいレコメ…

【Intern CV Report】Deep Network Interpolationを試す

こんにちは,DSOC R&Dグループ インターン生の内田です. 最近自宅にスタンディングデスクを導入したのを皮切りに,家具に無限にお金が溶けていっています. 季節と共に財布も寒くなってきています… 皆さんは暖かくしてください… さて,今回は新しいスタンデ…

【ML Tech RPT. 】第12回 機械学習のモデルの評価方法 (Evaluation Metrics) を学ぶ (3)

R&D

DSOC研究員の吉村です. 先日, Sansan の Scan for Trees という取り組みの一環で, 宮城県の大崎市に植樹に行ってきました. 普段のオフィスでのデスクワークから離れて, 鍬を手に持ち植樹をするという経験は非常に新鮮でした.さて, 今回も引き続き「機械学習…

歴史をたどってディープラーニングを学ぶ 第二回 AlexNetとReLU

こんにちは、ディープラーニング老人こと糟谷です。 前回は2006年の技術を追実験しましたが、まだ13年の隔たりがあります。今日も隔たりを埋めていきたいと思います。 長らく冬の時代が続いていたニューラルネットワークであるが、2006年にジェフリー・ヒン…

Economics Meets Data Science: The Structural Estimation Series, Part II

Hola again! DSOC's Juan here! It's autumn now, time to start craving pumpkin tarts and hot drinks. Recently I'm having hot matcha latte very often, maybe because it reminds me when I was a graduate student cleaning my data in some cafe aro…

はじめてのサイレントセッションでの登壇:Sansan Builders Box 2019

サイレントセッションと入力しようと、「さい」まで打鍵すると「再断裂」がサジェストされる、そんな、アキレス腱の再断裂*1におびえながら日々を過ごしているDSOC R&Dグループの高橋寛治です。 えっとぶり*2に人前でしゃべるのですが、なんと Sansan Builde…

B2B 企業ブランドとは何か vol.2

こんにちは。R&D の真鍋です。B2B ブランディングについての連載第2回です。 buildersbox.corp-sansan.com 前回に引き続き、以下のレビュー論文を読み、要約しながら、B2B ブランドについて、考えていきたいと思います。素人の駄文ですが、ご笑覧ください。 …

【ML Tech RPT. 】第11回 機械学習のモデルの評価方法 (Evaluation Metrics) を学ぶ (2)

DSOC研究員の吉村です. 弊社には「よいこ」という社内の部活のような社内制度があり, 私はその中のテニス部に所属しています. 月一程度で活動をしているのですが, 最近は新たに入社された部員も増えてきて新しい風を感じています.さて, 今回も前回に引き続き…

【Techの道も一歩から】第22回「AWS SageMakerで任意のコンテナをデプロイする」

こんにちは。 DSOC R&D グループの高橋寛治です。 最近は、R&DのD側に興味が寄っており、本連載では pytest や WebAPI化といった話が多くなってきました。 さて、つい先日に Amazon Web Services(AWS) が提供するマネージド型の機械学習サービスの一部機能を…

【ML Tech RPT. 】第10回 機械学習のモデルの評価方法 (Evaluation Metrics) を学ぶ (1)

DSOC研究員の吉村です. 先日, 会社の同僚らと御岳山に登山へ行きました. 私は普段から登山に行く趣味があるわけではないので, 不安を抱えつつ山に向かったのですが, 案外何事もなく無事に帰ってこれました. (山への移動の電車の中で, 話し込みすぎて降りる駅…

【Intern CV Report】Contextual Lossについて学ぶ

こんにちは,DSOC R&Dグループ インターン生の内田です. 最近巷でキーボードが話題になっているのに触発されて,ついHHKBを購入してしまいました. ものすごく快適である一方,出先で手が痛くなる問題に悩まされる今日このごろです. はじめに 弊社で取り扱…

歴史をたどってディープラーニングを学ぶ 第一回

こんにちは、DSOC R&Dの糟谷です。ニューラルネットの世界は日進月歩、まさにDog Yearの様相を呈しております。私も2004年に卒業論文のテーマとしてリカレントニューラルネットについて研究しておりました。現役で研究していた時代から15年、Dog Yearにかけ…

Pytorch-BigGraphによるWikipedia日本語記事のグラフ埋め込み

R&D

こんにちは、DSOC R&Dグループ研究員の 奥田 です。最近はYouTubeでコーギーの動画ばかり見ているのですが、あの食パンみたいなお尻が最高です。 今回は大規模グラフに対するグラフ埋め込み(Graph Embedding)を計算するPytorch-BigGraphについて紹介いたし…

Economics Meets Data Science: The Structural Estimation Series, Part I

Hey there! I'm Juan (ファン), a researcher at DSOC's Social Science Team. Since this is probably the first time you read me, I thought of briefly introducing myself. I was born in El Salvador, Central America, which explains why you'll fin…

▲The Prism of Creativity ▽ vol.5 未来から考えよう[心理学編]

こんにちは、DSOC研究員の西田です!最近、3年間探し求めていた某Cから始まるブランドのハーネスを手に入れ、毎日のように着ています。社内では「何ですかそれ?」と言われることが多く、説明するのがめんどくさくなってきました。それでもめげずに着てこよ…

B2B 企業ブランドとは何か vol.1

こんにちは。DSOC R&D, SocSci*1 メンバーの真鍋です。 わたしは現在、Sansan で、B2B 産業における企業の「ブランド」に関する研究をしています。 1. 研究の背景 Sansan では BBES というサービスを展開しています。 このサービスは B2B 企業のブランド力を…

Stein Variational Gradient Descentの理論と実装

R&D

今年の4月に新卒入社した、DSOC R&D Groupの橋本です。前回はこちらの記事で登場しました。 buildersbox.corp-sansan.com 今回は、通常の変分推論よりも高精度に事後分布を近似するアルゴリズムの1つである、Stein Variational Gradient Descentについて説明…

© Sansan, Inc.