Sansan Builders Box

Sansanのものづくりを支える技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

iOSDC で 3 名のエンジニアが登壇します ( iOSDC トークン入りエントリー)

こんにちは。 Sansan iOS アプリエンジニアの中川です。 いよいよ今日から iOSDC が始まりますね!

iosdc.jp

Sansan は今年も iOSDC に協賛します。また、今年は 3 名のエンジニアが採択され登壇することになったので、ブース展示と合わせてご紹介しようと思います。

本記事は iOSDC チャレンジ のエントリーとなっており「 iOSDC トークン」が隠されていますので、ぜひ探してみてください。(スクロールしただけでは見つかりません)

セッション

まずは、弊社エンジニアが登壇するトークと LT からご紹介したいと思います。

トーク

画像処理における、UIImageとCGImageとCIImageの効果的な使い分け

日程:9/6 14:20〜 Track A レギュラートーク(30分)
登壇:栗山徹 (@kotetu)
概要:UIImage / CGImage / CIImageの各画像クラスの特徴を解説しながら、画像処理における使いどころについてご紹介します。

fortee.jp

LT

今こそ理解しよう、輸出コンプライアンス

日程:9/6 16:10〜 Track B LT(5分)
登壇:坂本 和大 (@kazu0620)
概要:悩ましい iOS アプリの審査時に必要な「輸出コンプライアンス情報」について、どう答えるべきかを5分で簡潔にご説明します。

fortee.jp

CallKitを実装してはまったところをお話します

日程:9/6 17:10〜 Track B iOSDCルーキーズLT(5分)
登壇:アマゾネスいけばた (@k191k)
概要:Eight に join して2ヶ月で CallKit の実装担当となった際に苦労した点などをお話します。

fortee.jp

ブースと企画

続いて展示ブースとそこで行う企画についてのご紹介です。デザイナーからイメージを頂いたので、一足先に公開します。

ブース

f:id:s_yuka:20190904194039p:plain

残暑厳しい時期ということもあり、画像のように、白×青の爽やかなカラーリングでまとめたそうです。
スタッフが着ている T シャツは会社で支給されるものですが、カラーとデザインを自分のすきな組み合わせで選べるため、実は人によってちがいます。*1
ノベルティはこのイベントのために新しく作った「ポップコーン」をご用意しています。なぜポップコーンなのかは、ぜひ実際にブースにいるメンバーに聞いてみてください。

企画

ブースでの企画としてはそろそろ定番になってきましたが、パネルでのアンケートを行います。イベントのモチーフに合わせて観覧車をかたどったパネルにしたそうです。

f:id:s_yuka:20190905121148p:plain

3 日ともちがうお題を用意していますので、回答したり、結果を見ていただいて、楽しんでもらえるとうれしいです。

公式 Twitter

回答結果など、イベント時の情報は Sansan の公式 Twitter で随時お伝えしていく予定です。

twitter.com

振り返りイベント

iOSDC 参加後、そこで得た知見や感想などを語る場が欲しい! と思われる方も多いと思います。そんな方にお集まりいただく勉強会を、ZOZOテクノロジーズさんと JapanTaxi さんと開催します。

zozotech-inc.connpass.com

After iOSDC JAPAN2019
日程:9月24日(火)19:30〜21:30 ※19:15受付開始
会場:ZOZOテクノロジーズ社

こちらの勉強会の LT で私も登壇します。

また、 iOSDC を振り返るパネルディスカッションも行いますが、そちらには上記で紹介した Eight 事業部の坂本が参加する予定です。
現在、すでに満枠になってしまっているようですが、 iOSDC を楽しみ尽くしたい方にはぜひご参加いただければと思います。

さいごに

サーバーサイドエンジニアだった自分が iOS アプリエンジニアに転向したのはちょうど一年前でして、転向した直後にあったのが iOSDC Japan 2018 でした。
過去の記事*2で話してますが、当時 6 年ぶりに iOS アプリ開発をすることになった矢先のイベントで自分にとっては最新の情報をキャッチアップするための重要な場でもありました。
そこで得られたものは今の自分の礎になってますし、実際にトークで話されていた内容をプロダクションコードや日々の開発で実践しているものもあります。*3
そんなお世話になった iOSDC に貢献したく、プロポーザルの提出もしたりしました。*4
結果は虚しく、採択されませんでしたが、参加者として iOSDC を盛り上げる一翼を担えればいいなと思っています。

弊社からは私も含め、トータルで 10 名のエンジニアが参加します。ブースや交流会などでお会いしましょう!

参加予定のエンジニア

@kotetu @kazu0620 @k191k @haptaro @dspeeds @vivayashi @ChaaaaaaaaaaanU @boohbah @ryosuke_tamura @ynakagawa33

#iOSDC33tech

© Sansan, Inc.