Sansan Builders Box

Sansanのものづくりを支える技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

B2B Product Manager勉強会 -ユーザインタビュー編- @Sansan Hanare

こんにちは。Sansan株式会社 プロダクトマネージャーの尾部と申します。EightではなくSansanを担当しております。 2018年12月17日(月) B2B Product Manager勉強会 -ユーザインタビュー編-を開催しました。参加したかったけどできなかった方に届けとばかりに書きます。

 

そうだ! ユーザを知ろう!

  • Product Manager Conference で「愛されるプロダクトを創りたい」「もっとユーザのこと知りたい」という機運が高まった11月。
  • Sansan Builders Boxでの私の登壇記事を見てくれた方々から「詳しく教えて」「B2Bのユーザインタビューってまだまだ深める余地ありそうよね」というお話を頂いた12月。

    <Sansan Builders Boxでの登壇内容をざっくり言うと> データを見るだけではわからないからインタビューをしよう。中でも「能動的な問い」が大事。ジョブ理論のように「どうしたら売れるか」ではなく「どんな“ジョブ(用事、仕事)”を片づけたくて、あなたはそのプロダクトを“雇用”するのか?」と問いを変えてみると答えが変わる。Sansanではインタビューをこんな目的で、こんな質問で、こう活かしていますよ。という話。

ユーザインタビューって皆さん興味あるのねと感じ、お役に立てればと勉強会を開いてみました。 当日は15名のプロダクトマネージャーが3~4人 ✕ 5チームにわかれ、各自持ち寄ったインタビューのナレッジをシェアし教え合うという形式です。

お題の例

  • ユーザインタビューの仕組み持ってますか?
  • ユーザインタビューすべき時はどんな時?
  • ユーザインタビューのユーザの選び方は?
  • ユーザインタビューのユーザへのアポの取り方は?
  • ユーザインタビューでどんな質問をしている?
  • ユーザインタビューの内容をプロダクトにどうやって活かした?

 

B2B Product Manager勉強会 - ユーザインタビュー編 -

f:id:marika-grace:20181218201440j:plain 会場は表参道にあるSansan。スターウォーズの元老院ではありません。

 

新規プロダクト vs 既存プロダクト

  • 新規プロダクトにとってのインタビューって?

    • バリュープロポジションを定めるために行う
    • サクセスとは何かを定めるために行う
      • 既存の方法で叶えられることは何か? をヒアリングし、まずはそれをサクセス例としてカスタマージャーニーを描く。  
  • 既存プロダクトにとってのインタビューって?

    • タッチポイントの低評価を埋めるために行う
      • カスタマージャーニー ✕ NPS  
    • 仮説を検証するために行う
      • 例)より使ってもらうためにはこうすればいい? 本当にそう?  
    • これはいけない! Open Question
      • どんな機能がほしい? → 課題を解決する機能はユーザが考えるのではない
      • 課題は何ですか?   → 正しく認識していない、言語化できない
      • なぜ使わない?    →「 今、間に合ってるから」の回答にしかならないのが予想できる

 

インタビュー vs データ

  • インタビュー or データどちらか一方ではなく往復させることが大事。

f:id:marika-grace:20181218195933j:plain

 

意見が割れた…

  • どれを実装するかどうやって決める?

    • インタビューやアンケートで多かったものから実装している。
    • インタビューは課題だけ聞き出し、起案したら数字を見て効果が高そうなものを実装している。
  • リリースした機能が良かったかをどうやって検証する?

    • アンケートで満足度調査する。ユーザにヒアリングする。
    • 起案時に予測した数字が仮説どおりに動いたかを見る。  

 

PM vs 営業(CS)

  • 元営業(CS)がPMをすると…ユーザの課題を聞くとつい解決方法を教えてしまう → 実はそここそ掘るべきところ
  • 営業担当にインタビュー対象を連れてきてもらったら…ターゲットがズレている → 自分でアンケートやデータを見て、直接アプローチすればよい。
  • ユーザ会や勉強会を開いたら、第2部でワークショップを開く。実際に使っている姿を後ろから見せてもらうとプチユーザテストとインタビューができて良い。プロトタイプやモックを触ってもらったりも。

Sansanでもユーザ会でモックを触ってもらい、大いなる気付きを得ております。ユーザさんも嬉しそうで良き。

 

プロダクトの課題 vs 本当の競合

  • ジョブ理論の話が登場
  • プロダクトに関するインタビューだけではだめ。「脳シェア」他の作業に気を取られていて、プロダクトに気持ちを向けられないことが多い。本当の競合を知るべき。

 

編集後記 -イベントのPDCA-

10人募集キャンセル率4割の6人くらいでゆるく楽しく学びあえたらいいかなと思っていたら50人近く応募あったので、部屋に入れる上限の20人に急遽変更しました。当日は参加者15名、低キャンセル率。ニーズがあるコンテンツなんだなと思いましたし、まだ日本のB2B業界では体系立ってない分野なんだろうなと感じました。

私は仲間とプロダクトマネージャーCafeというコミュニティを運営していて四半期に1度イベントを開催しているのですが、そこでのPDCAを取り入れてみました。

  • 継続可能な運営負荷に留める
  • 議論時間を長めにとってみる
  • テーマを固定する

などなど。 こうしたら喜んでもらえるかしら、満足度はあがるかしら、キャンセル率は下がるかしら…と仮説検証を繰り返しており、職業病だなと思いました 笑

プロダクトマネージャーCafe次回は2019年2月か3月の予定。connpass にてコミュニティのメンバーになっておいて頂くと、開催が決まればメールが届くのでご興味ある方は是非。(B2B PM インタビュー勉強会はご用命あればやります🙋) pdmcafe.connpass.com

© Sansan, Inc.