Sansan Builders Blog

Sansanのものづくりを支えるメンバーの技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報を発信

Sansanエンジニアが最も読んだ書籍とは?ベスト3を発表!

みなさん、こんにちは。SBB編集部です。
今回は読書の秋、読書の日&読書週間にちなみ、この1年で、Sansanのエンジニアたちが社内制度 「Geek Seek Skills*1」 を利用して購入した書籍の中から、最も購入数が多かった書籍ベスト3を発表したいと思います!またそれぞれの本を読んだエンジニアの感想もあわせてご紹介します。

第3位

15名が購入!

THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・ カスタマーサクセスの共業プロセス

福田康隆 著、2019年1月 発売
www.shoeisha.co.jp

・CTO 藤倉より
B2B SaaS ビジネスの構造を現在のグローバルスタンダードから理解することができます。ビジネスサイドの関係者がどういった責任を持って動いているかを知ることで、エンジニアとしてのコミュニケーションの取り方が変わると思います。

第2位

16名が購入!

ユニコーン企業のひみつ ―Spotifyで学んだソフトウェアづくりと働き方 

Jonathan Rasmusson 著、島田 浩二、角谷 信太郎 訳、2021年4月 発売
www.oreilly.co.jp

・サービス開発部 エンジニア 小山田より
Spotify での実例をもとにプロダクト企業がどのように組織、文化を作ってきたのかが書かれています。組織、文化作りのヒントとなることが散りばめられている本だと思います。

・Sansan名刺メーカーUnit エンジニア 佐藤より
ビジネス、顧客により大きなインパクトを与えるために大切なことは何か、実際のエピソードとともに書かれています。
組織が拡大する中で、自分たちが目指す文化を醸成していくため、チームメンバーとも一緒に読みたいと思いました。

第1位

圧倒的な人気、34名が購入!

プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで 

及川 卓也、曽根原 春樹、小城 久美子 著、発売日:2021年3月
www.shoeisha.co.jp

・Eight Engineering Unit エンジニア 稲垣より
プロダクトマネジメントにおけるプロセス、ツールが多数収録されていて、教科書的に参照できます。
特に、大規模組織で効果的なものが多く、プロダクト開発の各フェーズで課題を感じた時には、参考になるトピックが見つかると思います。

編集部より

購入の対象期間をこの1年としたため、比較的新しい本がランクインする結果となりました。今回4位だったテスト駆動開発 や 5位だったエンジニア組織論への招待 はここ数年、安定的に購入が多い本です。また技術書だけではなく、SaaSのビジネスに関わる書籍も多く読まれていたのが印象的でした。来年はどんな結果となるでしょうか?1年後をお楽しみに!


参考)Sansanの社内制度一覧
jp.corp-sansan.com

*1:技術書購入や資格取得などの費用補助(年間最大6万円/人)

© Sansan, Inc.